FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

TroutCapture

紀伊半島を中心にトラウトを追いかけています。ナチュブロから移籍しました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

密かに狙い続けたもの 

ご無沙汰してます。
ここ最近、おかみの機嫌を損ねてしまい、なかなか渓に1日浸かることができずにいました。

ようやく今日は1日フルに浸かることができるので気になっている区間をフルに攻めてみた。

支流の堰堤と堰堤の間の区間。枝沢は数えるほどしかないのに異常に魚影が濃い。

原因解明。稚魚放流から成長した魚がかなり入っている。
チェイスしてくる魚はグリーンバックの疑似銀化。

でも僕は知ってる。ここには数は少ないがネイティブの血を継ぐ魚がいることを。解禁からこの支流はかなり攻めていて、そのデータでは少なくとも二種類のアマゴがいるんだ。

雨の為視界は悪いが魚は異常なほどハイテンション。ドバババン!と水飛沫をあげながら追いかけてくる良型もチラホラ見た。
ただ、警戒心は残っているようで一番の魚は岩陰に身を潜めている。

追う距離も短いのでトゥイッチのピッチは細かく、魚との距離を早く詰め一気に勝負を仕掛ける。


残念。グリーンバック。

緩やかな流れのあたる岩壁、抉れ。

そこだ!

着水と同時にミノーを泳がせヒラをうたせると、抉れから一気に飛び出した茶色い魚。食い損ねて水面を割ったかと思えば瞬時にターンしミノーにかぶりついた。

糸鳴りがするほどの反転バイト。フッキングは文句無しに決まった。
勝負あり!!



文句無しのプロポーション。
胸びれは黄色く染まりパーマークは丸い。


こいつをこっそり探してた。次は尺上をいつか必ず!

帰り道に寄り道した本流では綺麗な体高のあるアマゴが遊んでくれた。
スポンサーサイト

Posted on 2012/08/04 Sat. 20:56 [edit]

川上水系  /  TB: 0  /  CM: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://troutcapture.blog.fc2.com/tb.php/12-4b3f5540
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。