FC2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

TroutCapture

紀伊半島を中心にトラウトを追いかけています。ナチュブロから移籍しました。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

三日目の正直 

岐阜に遠征も無事に完了したこの晩春、今年こそ手中に納めたい魚が。

サツキマスである。
昨秋の台風で壊滅的な被害を受けた紀伊山地であるが果たして無事に遡ってきているだろうか?

日曜日。仕事をさっさと済ませ眠い目をこすりながら紀ノ川河口にむかう。
6人のアングラーがいたので挨拶をして間に入らせてもらう。

去年から始めたこのサツキマス釣り、どういうパターンが有効なのか未だよくわからないのでドリフトやジャークなど他の人の動きを真似てみる(笑)
アタリは無い。本流アマゴのあの釣りが有効なのでは?と思い誘う場面ではトゥイッチよりシェイクに近いアクションで攻めてみる。
この場所、堰の真下のプールのような場所なので水門の開閉による流れが魚を活性化させるのでタイミングが重要である。薄暗くなってきたころ再び水門が開いた。と同時にバイト!足元まで寄せるとグリーンバックな魚が見える。よし!と思った瞬間足元の底目掛けて一気に潜行しだした。竿が効かない。マズい!とおもった瞬間パシュっ!フックアウト。。ぐはぁ悔しい!リベンジしないと。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2012/04/25 Wed. 06:29 [edit]

サツキマス  /  TB: 0  /  CM: 10

岐阜遠征 

遂に遠征釣行が叶った。名河と呼ばれる長良川である。
休日の少ない職ゆえ日帰りという過酷なスケジュールだったがその価値は一人で釣行する一年分はあった。

中部の重鎮であるJYI氏とシエラ氏に午前中は付きっきりでガイドしていただいた。
IMG_2012042424726.jpg

この川、紀伊山地には無いタイプの川で非常に押しが強い。
ミノーはあっという間に流されるため時間稼ぎをする必要があり左手を犠牲にしつつ釣り開始。
自分よりも長いロッドを使っているJYI氏やシエラ氏は涼しげな顔をして小刻みなトゥイッチを行っているのに対し自分は満身創痍である(笑)IMG_2012042429560.jpg

秘密は握り方にあるのではないかと尋ねるとわかりやすく説明してくれて一気に体が楽になった。
この日、結果としては二匹のアマゴに出会える事が出来たが自分一人で来た場合は間違いなくボだったと思う。おんぶにだっこで釣らせて頂いたアマゴ。。
次に来る時は自分の力で釣ったと言えるようになりたい。
まだまだ未熟者な自分を迎え入れてくれたアイさんを始めとする中部地方の皆さん、そしてこんな若輩者を一緒に連れて行ってくださった関西軍団の皆さん、本当にありがとうございました。

Posted on 2012/04/24 Tue. 22:22 [edit]

春嵐の怪魚伝説 

春の嵐が吹き荒れる台高のとある支流で仕留めた9寸のこの岩魚。
人参のような太さにオレンジの斑点、キチクリに違いない。
小型の岩魚を下流へ流し喰い波にミノーを送り込むとようやく姿を表した。
ネットに入った写真も撮りたかったのだが隙をつかれ逃走。
次回は更に上流に入りキチクリではなくキリクチと呼べる魚を求めてみたい。

Posted on 2012/04/06 Fri. 09:21 [edit]

川上水系  /  TB: 0  /  CM: 4

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。